ネットで話題になっている抑毛石鹸「ケースルー」ですが、他の除毛方法となにがちがうのでしょうか?

除毛について調べてみると、いろいろな種類があり、どの方法がいいのか迷ってしまいますよね…。

そこで今回は、除毛クリームでの除毛抑毛石鹸「ケースルー」での抑毛の違いを紹介したいと思います。

脱毛クリームでの除毛のメリット・デメリット


除毛クリームを利用するメリットはやはり仕上がりがきれいなことです。

毛を溶かす成分が配合されたクリームを肌に塗ることで毛穴にクリームが浸透し、毛を溶かすのでプツプツやジョリジョリとしたそり残しなく仕上げることが出来ます!

カミソリでの除毛に比べ、毛がない状態を長くキープできるのもうれしいポイントです。

では逆にデメリットはなんでしょうか。
それは肌に合わないクリームを使用した時のトラブルです…。

肌に合わないクリームを使ってしまうと、かゆくなってしまったり、赤みや炎症が出たりして、その症状がなかなかひかないことも。。。

人間の体毛はたんぱく質でできており、そのたんぱく質をアルカリ性の薬剤で溶かし除毛するため肌への負担が避けられません。

また事前にパッチテストを行う、というような手間もかかってしまいます。

抑毛石鹸「ケースルー」のメリット・デメリット


ケースルーを利用するメリットはさまざまありますが、1つに肌への負担が少ないことが挙げられます。

脱毛クリームのようにアルカリ性のたんぱく質を溶かす成分は配合されていないため、肌へのダメージを抑えながら抑毛することができます。

また普段とおり身体を洗うようにケースルーの泡で身体を洗うだけなので手軽に使えることも大きな魅力です。

では逆にデメリットはなんでしょうか。

口コミなどを確認すると、効果が表れるまで少し時間がかかるということが挙げられそうです。

除毛クリームとは違うのでケースルーを使ったその日に毛が全部抜ける、というような魔法のようなことはありません。

即効性を求める方にとっては、期待していた効果が得られないこともあるかもしれません。。。

しかし!!
継続していくことで自然に毛量が減っていくということは周りからも「急に脱毛して毛がなくなった!」と思われることなく、「毛深い人」というイメージからも少しずつ脱却出来るというメリットとも考えられます☆

時間をかけて少しずつ自然に毛量を減らしていく、
という除毛が出来るのはケースルーならではかもしれません!!

まとめ


今回は抑毛せっけん「ケースルー」と除毛クリームの違いについて、紹介いたしました。

どちらもメリット・デメリットがありますが、やはり安全性というのは除毛において見逃せない点です。

除毛クリームで「たんぱく質を溶かす」ということに少し不安がある方が多いように思います。

そんな方には抑毛石鹸「ケースルー」をおすすめします!
自然にムダ毛を減らしていくことが出来ると、周りの目も気にすることなく「毛深い」というイメージも併せてなくしていくことが出来ますよ☆

今は男性も脱毛やつるつるなお肌が求められる時代です!
安心して、手軽に始められる「ケースルー」で抑毛を始めてみてはいかがでしょうか?

先着の限定数販売&継続的なケアを行っていくためのまとめ買い特典もあるようなので、
ぜひ公式サイトからも「ケースルー」の効果やお得情報をゲットしてください!