出典:http://00m.in/bRLR2

テレビで特集されることの多い発酵食品

当たり前かのように発酵食品は身体に良いもの!という認識がある方は多いですよね^^

 

今回は発酵食品の魅力について、発酵食スペシャリストの資格を持っていて健康オタクの私が、ご紹介していきたいと思います!

発酵食品は腐らせた食べ物??発酵と腐敗の違いとは

出典:http://00m.in/cQpYN

発酵食品には納豆やキムチ、チーズ、ぬか漬け、甘酒、ヨーグルトなど、沢山の種類があります。

 

皆さんは

発酵食品は腐らせて出来たもの?

腐ってるものを食べてるってこと?

カビの生えたチーズも売ってるし…

と、思ったことはありませんか?

 

その真相は・・・

 

 

発酵も腐敗も微生物の働きによって起こるものなのですが、簡単に言うと

発酵は食べれらるもの。

腐敗は食べられないもの。

 

なので、発酵食品は腐った食べ物ではありません。

どちらも微生物の働きで起こるというのは同じですが、微生物が悪さをするかしないかの違いで発酵食品になるか腐敗した食品になるかが決まります。

発酵食品とは?発酵食品が身体にもたらすメリット


発酵食品は24時間休むことなく働く微生物の力で、身体に必要な健康に役立つ成分がぐんっと高まった食品

➀うまみを引き上げおいしさUP!

出典:https://00m.in/s5OVY

微生物の働きによって、発酵食品は旨味や風味がぐんっと上がったもの発酵調味料は素材の旨味や風味を引き上げてくれるものです。

 

私がお勧めしたい旨味や風味が格段に上がる一押しの組み合わせは、発酵調味料の塩麴+鶏肉のコラボ!

出典:https://00m.in/IPf4g

塩麴と鶏肉の相性は抜群なので、数時間~一晩漬けておくだけで、柔らかくなり、旨味も風味もぐんっと上がって、ただ焼くだけでもご飯が進む絶品のおかずになります^^

➁栄養価が高まる!

出典:https://00m.in/OgpPC

微生物の働きによって生産される酵素の作用で新しい栄養成分が生み出されるので、食材本来の栄養価を更に上げてくれる効果があります。

食材本来の栄養価が発酵させることで更に上がるだなんて、素晴らしいですね!

➂消化・栄養の吸収率を上げる!

出典:https://00m.in/dcPoO

微生物の働きにより発酵させることで、消化吸収をしやすくしてくれます。

 

人の身体は、良い菌も悪い菌も殺そうとしてしまう特徴があるので、食べたからといって、素材そのものの栄養全てが吸収できるわけではありません。

 

そこで、発酵食品の出番!

 

身体に良い菌が沢山活動している発酵食品を食べることで、少しでも多くの菌を腸内まで運んであげること美と健康への近道になります!

➃食品の保存性を高める!

出典:http://00m.in/K3co7

健康の為にキムチや納豆を常備しているご家庭も多いと思いますが、発酵食品は昔から保存食として使われるほど日持ちするものばかり。

早く使わないと」「早く食べてしまわないと!と、焦る必要が無いのが嬉しいですよね!

なぜ長期保存が可能なのかというと、発酵によって増えた菌は腐敗の原因である菌を抑えてくれる効果があるからです。

私は塩麹などの発酵調味料を常備調味料として作っていますが、衛生的にきちんと保存していれば一年は持つのでとても重宝しています!

➄腸内環境を整える!

出典:http://00m.in/RqaML

最近では腸活という言葉もブームでテレビで見かけたりすることも多いかと思いますが、発酵食品腸活には欠かせないもの

発酵食品を取ることで、人の身体に良い作用をもたらしてくれる善玉菌が増えます。

 

その善玉菌が腸内環境を整えてくれることにより、

便秘解消
肌荒れ改善
健康になる
太りにくい体質になる

など、嬉しい効果が盛りだくさん!!

ちなみに腐敗した食品は、人の身体に悪い作用をもたらす悪玉菌を増やしてしまいます。

微生物の働きによって悪玉菌(悪臭の素となる成分や、病原性のある微生物)が増えた食材を口にすると、腹痛や下痢など身体に害を及ぼし、食中毒の原因になることもあります。

 

まとめ

出典:https://00m.in/zjghi

いかがでしたか??

こんなにも良い事尽くしの発酵食品ですが、腸にまで届く菌はごくわずかなんです。

なので、毎日のバランスの良い食事と共に、発酵食品を取り入れていくことが大切になります。

次回は毎日なんて、どうやって発酵食品を取り入れたら良いのか分からない。という方にも、是非お勧めしたいレシピや時短テクニック、使い方などを、ご紹介していきたいと思います♪